共感的理解と寄り添う力の真実


共感的理解とは、実は「実感」が伴うことが必要です。

そして、寄り添うためには、ただ寄り添いたいと思うだけではだめで、寄り添えるだけの「力」が必要になります。

実際の現場ではこうした真実にぶつかりますので、そのあたり、わかりやすく書きました。

誰もが間違えている共感

「共感」という言葉があります。

カウンセリングだけでなく、最近ではビジネスの世界でも使われます。

言うは易く、行うは難し。

これはこの「共感」でも、例外ではありません。

カウンセリングを学ぶ。

あるいは、実際にカウンセリングをする。

その際に、共感はどうしても必要になります。

ところが、共感あるいは共感的理解を「本当の意味で実践できる人」は、案外少ないのです。

多くの人が、この共感が出来ずに苦労します。

また、多くの人が「出来たつもりになっている」ことも事実。

自分では出来たと思っている。

しかし、実際には出来ていない。

こういう場面を数多く見てきました。

では、共感できているとは、どういう「状態」を指すのでしょう。

実は、誰もが共感的理解を体験していた?

私がカウンセラーとして駆け出しの頃。

共感できている状態がどんな状態なのか?

よくわかりませんでした。

ただ、一つだけわかっていたことがありました。

それは、共感できているというのは、「状態」であるということ。

共感できているという状態なんだということ。

そのことだけは、わかりました。

結局この「状態」を自分で体現できるまでには、5~6年の年月を必要としました。

いえ、厳密にいうと、駆け出しの頃、既に体験はしていました。

体験はしていたのですが、それはほんの一瞬のこと。

再現性がなかったのです。

あなたも実は、既に体験しているのです。

例えば人の話を聞いていて「そうか!そういうことか!」と、膝を打つような感覚になった経験があると思います。

そういう時は、いちいち頭で考えなくても、自然と言葉が出てきましたよね。

そういう風に出てきた言葉に、相手はこういう反応を起こすはずです。

「そう!そうなのよ!」「でしょ~!」

女子会のトークでよく見られる光景です(笑)

ですから、一瞬であれば、誰もが体験しています。

カウンセリングでは、これを維持しすることが求められます。

そこに再現性が必要で、体現できることが必要なんですね。

共感とはこういうことだった

共感出来ているという状態。

私の場合、5~6年する頃から自分なりに再現(体現)が出来るようになりました。

感覚的には、言葉が自然と浮かんでくるという感覚。

適切な応答が勝手に自分の中から浮かんできます。

この感覚で発した言葉は、クライエントにスンナリ受け容れられます。

なぜ、クライエントにスンナリ受け容れられるのか?

それは、その言葉(応答)がクライエントの感覚にピッタリくるからです。

クライエントが一番伝えたかったこと、わかってもらいたかったこと。

まさにそのものズバリが言葉になっていたからです。

では、どうすればこのような言葉が出せるのでしょうか?

カギを握るのは「実感」です。

クライエントと同じ「実感」をわかち合うこと、わかち合えることです。

クライエントが伝えたい経験、感情、感覚、思い。

それらをカウンセラーが同じように、深くわかち合う。

すると、そこにはカウンセラーの実感も出てきます。

この実感が生まれれば、それを言葉にするのは難しくありません。

クライエントの悲しみ、怒り、虚しさ、不安、怖れ、絶望。

これらをリアルに、そして深くわかち合えるかがカギです。

そして、こうした感覚を頭ではなく、心で感じる。

心の実感を伴い、わかち合えている。

この瞬間に「共感的理解」が成立するのです。

もちろん、これは否定的感情や感覚だけではありません。

クライエントの喜び、充実感、希望、感動、感謝。

こうした肯定的な感覚も同様にわかち合います。

つまり、クライエントの人間性、経験、感情、感覚。

クライエントが伝えようとしているもの。

それらをまるごとわかち合おうとするわけです。

本当にわかち合えていれば、そこには必ず「実感」が生まれます。

この実感がないままに共感できたことにしようとする。

だから「おうむ返し」のような言葉しか出せないのです。

共感できる人、できない人

そして、実は次のことも大事なんです。

本当に実感があるなら、「同じ言葉じゃなくてもいい」わけです。

例えば、悲しみの表現はいくつもあります。

寂しさを表す表現も、比喩的だったり、擬人的だったり、ことわざだったり・・・・

それこそ、複数あるはずなんです。

実感があれば、これらを自分の言葉に変えることができます。

「あの言葉に、自分はとても動かされました」

こうしたクライエントの表明があったとします。

それにカウンセラーがどう応答するか?

「(その言葉が)刺激になったわけですね」

「(その言葉に)奮い立たされたんですね」

「その言葉が、胸に響いたわけですね」

という具合に、いろいろ表現が可能なはずです。

話の流れ、一番伝えたい感覚などを踏まえて、カウンセラーが言葉を選ぶわけです。

その「選ぶ」にしても、どれにしようかな・・ではないのです。

瞬間的に「これ」と浮かんでくるのです。

なぜなら、何度も言いますが、そこには自分の「実感」があるからです。

カウンセラーの実感があるから、自然に言葉になるのです。

しかも、その実感はクライエントの実感と出来るだけ近いものです。

つまり、「互いにわかち合えている実感」ということです。

そして、大切なところは、カウンセラーの実感を通して、クライエントが改めて自分の実感を味わい直すところにあります。

この「味わい直し」によって、クライエントは自分の感覚を、よりリアルに、より鮮明に、そしてより正確に再認識します。

自分が無意識だったり、不明瞭だった経験、感情、感覚などを改めてしっかりと意識化できる瞬間です。

カウンセリングによって、クライエントは自分の感覚を改めて、あるいはより鮮明に「自覚」します。

その繰り返しの体験によって、自分の無意識を意識化し、自分自身や問題の本質に気がついていきます。

これがカウンセリングの大事な本質の一つなのですね。

この実感の感覚がコンスタントに持てるようになると、カウンセリングの進展は飛躍的に進み、その面接はかつて経験のないほど深まります。

クライエントの自己洞察や問題への洞察も、面白いように進み、深まっていくわけです。

共感とは、こうした感覚や実感をもつこと。

共感できるとは、そうした「状態」になることです。

寄り添うとは

“寄り添うためには力が要る”

私がいつもお伝えしていることです。

大切な人が困っている時、身近な人が辛い思いをしているとき。

私たちは何とか力になってあげたいと思います。

そして、どうしたらその人に寄り添えるか、試行錯誤します。

ところが、寄り添うというのは、時には困難を極めます。

なぜなら、寄り添いたいという思いだけでは、寄り添えないからです。

確かに、思いは大切です。

寄り添いたいという思いがなければ、寄り添えません。

しかし、その思いがあっても、どうしても寄り添ってあげられない時もあります。

なぜなら、寄り添うためには、寄り添えるだけの「力」が必要だからです。

例えば、我が子が不登校になったとします。

親なら、命がけで救いたいと思うかもしれません。

そんな覚悟や愛情があったとしても、不登校を解消できない。

親として懸命に寄り添おうとしても、募るのは無力感ばかり。

こういう事態はちっとも珍しいことではありません。

愛情がある親なら寄り添えると思うかもしれません。

でも、いくら愛情があっても、寄り添えないケースがたくさんあります。

なぜなら、そこには不登校や児童心理に関する専門性が必要だからです。

この専門性とは、知識だけではなく、解決に導く力であり、様々な組み立てや働きかけのスキルなどです。

ただ、その専門性もある視点がなければ成り立たないのです。

この「ある視点」こそ、セラピーやカウンセリングでも重要な視点です。

寄り添う方法と大切な視点

その視点とは「なぜ」という視点です。

こうして言葉にすると、たった一言で済んでしまいます。

しかし、この「なぜ」という視点を持つことの難しさは、その視点がすぐに失われてしまうというところにあります。

問題が刻々と深刻さを増したり、複雑になっていく渦中にいると、いつのまにか「なぜ」ではなく「どうすればよいか」に走りたくなります。

常に「なぜ」の視点からものを観ていかないと、「どうすれば」が結局「どうしよう」になってしまうんです。

「なぜ、この問題が起きたのだろう」「今、何が問題なんだろう」

「あの子のあの一言はどういう意味だろう?」

「なぜ、この人は身動きが取れないのだろう?」

こうした視点を常に働かせていく。

問題や当事者の心にまっすぐに関心を向け続ける。

わずかな疑問や違和感を見逃さず、そこからヒントにしていく。

こうした鋭い観察や洞察を常に続けていく必要があります。

問題に、そして当事者の人たちに、強くまっすぐな関心を向け続ける。

これが問題解決にとても重要な視点となるのです。

その視点を持ち続けることが、自分の専門性を高めることにもつながります。

結果として「寄り添える力」の獲得につながっていくわけです。

「臨床カウンセラー養成塾の無料メルマガ」でもっと読める!
こうした内容をもっと知りたいという方のために「臨床カウンセラー養成塾」のメルマガをお届けしています。あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で読むことができます。ご購読をご希望される方は、下記からご登録頂けます。

無料でメルマガを読んでみる

メールは「臨床カウンセラー養成塾」という件名で届きます。購読解除はメルマガの巻末(下部)より、いつでも出来ます。興味のある方はご購読ください。

追伸:
さらに、傾聴について、こうした皆が知らない真実を、今回一冊のレポート(56ページのPDF無料レポート)にまとめました。
無料PDFレポート「誤解されている傾聴スキル8つの真実」
~形だけの傾聴から、人と心通わす傾聴へ~

こういう話は、おそらく他では知り得ないと思います。
本当の意味で、現場で使える傾聴を身につけたい、そのために必要なことを知っておきたいという方。
  下記フォームにお名前とメールアドレスを記入して「登録する」をクリックすると、PDFレポート(サポートメルマガつき)が届きますので、読んでみてください。
【無料PDFレポート「誤解されている傾聴スキル8つの真実」】
                        




メールアドレス:  (必須) 
お名前:  (必須) 

【月額2980円のオンライン講座】
傾聴・カウンセリングや心理学、人生100年時代の幸せな生き方を学習できる「オンライン講座」が好評です。
会員限定サイトの動画セミナー、コラム記事が、スマホ・PC・タブレットから見放題でなんと月額2980円!

【月額2980円】オンライン講座の詳細はこちら



関連記事

  1. 共感的理解・傾聴・コミュニケーション

【無料PDFレポート:誤解されている傾聴スキル8つの真実】

傾聴について、皆が知らない真実を一冊のレポート(56ページのPDF無料レポート)にまとめました。

下記フォームにお名前とメールアドレスを記入して「登録する」をクリックすると、PDFレポート(サポートメルマガつき)が届きますので、読んでみてください。

メールアドレス:  (必須) 
お名前:  (必須) 

【動画】「傾聴スキルは反射神経」~傾聴スキルセミナーより~